裁判を介する整理の注意点

男性

個人再生に関する手続きは、裁判所を介して借金減額を実施するため、それに見合ったルールにのっとって手続きを進めます。 そして、個人再生は必要な要件が決まっていることから申請する場合に注意をはらう点や、再生計画や認可が降りた後に留意する点が複数あります。

詳しく見る

依頼する時の報酬の相違

法律書

個人再生に必要な費用は、裁判所に払う実費及び弁護士や司法書士に対して払う報酬です。弁護士は司法書士に比べコストが高くなる分だけ、ほとんどの業務を依頼できます。司法書士は報酬が抑えられる分、依頼業務も限られます。

詳しく見る

活用する為の必要条件とは

電卓とお金

個人再生を有効に活用するには、借り入れ金が5000万円以下、継続収入を持っているという点を充たしていることが求められます。個人再生は、申立書において過去2年分の所得証明書を出す必要があり、その必要な関係書類によって継続収入を判断します。

詳しく見る

借金を5分の1に

天秤

個人再生のメリットは、借金額を5分の1まで圧縮させ、自己破産と異なり住宅や車を手放さずに債務整理することができます。ただし、ブラックリスト入りする、官報に氏名が掲載される、手続きするには継続的な収入が必要になります。

詳しく見る

有効に活用するメリット

ジャッジガベル

個人再生を有効に活用すると、借金の返済する額を大きく減らすことができるので、借金問題解決に効果的です。個人再生のメリットは、自己破産の様に全財産を手放さず、3年〜5年を掛け払うことで返済しつつ、家屋などを残せる点です。

詳しく見る

早く解決するなら

ジャッジガベル

早く解決したいなら

借金が膨らみ、どうしようもなくなり困っているならプロに依頼して個人再生を検討しましょう。個人再生をする事で家等を手放す事無く借金を大幅に減らす事ができる可能性ができるからです。個人再生をしたいならまず専門家に相談をしましょう。インターネットで調べる事で対応している司法書士や弁護士を探せます。どちらに相談するかは依頼者の状況に応じて変わるので、まずはどちらかに相談しましょう。相談だけなら無料で応じている場所もあるので気軽に色々な事を質問できます。また、弁護士や司法書士に依頼すると費用が高くなるのではと心配する人もいますが、基本的にリーズナブルな価格で対応しています。もちろん分割払いにも応じているのできちんと支払う事ができたという人がほとんどです。近年よく個人再生の相談場所として利用しているのが多いのが女性スタッフが在籍している場所です。同じ女性にしか相談したくないというケースにしっかり対応しています。女性ならではの借金の悩みに応じているので色々な問題が無事に解決したという声はとても多いです。また、借金問題はとてもデリケートな問題です。司法書士や弁護士事務所はきちんと個人情報を管理しています。他にも様々な方法を用いて他の人に知られないように細心の注意を払うので心配する必要はありません。個人再生するまでの流れですが、とても簡単です。連絡をした後しっかりと話し合い、後は司法書士や弁護士に任せるだけです。難しい手続き等は全てプロに任せられるので安心して任せられます。