依頼する時の報酬の相違

法律書

専門家への報酬の違い

法律の専門家に個人再生の手続きを依頼すると決断しても、次は弁護士及び司法書士のいずれに個人再生手続きを委託すればいいのかと迷うことは少なくありません。弁護士と司法書士では、裁判所に於いての権限が違って来ることから、報酬に開きが出ます。弁護士に対しての報酬については、30万円から50万円程が相場といわれています。司法書士にくらべ報酬は高額になりますが、大体の手続きを任すことができるので多忙なケースには最適です。加えて、司法書士にくらべ弁護士の方が法律によって認められた訴訟代理人という形の適用範囲そのものが広くて、ありとあらゆる裁判に関する手続き上でオールマイティーの権限を持ち合わせています。一方、司法書士に対しての報酬は、20万円から30万円程が相場になります。司法書士に関しては書類作成及び提出がメインの業務のため報酬が抑えられます。しかしながら、その分だけ債務者当人が取り組む必要な作業も増加します。さらに、司法書士において訴訟代理権が認定されるのは、訴額140万円以内の簡易裁判所管轄の訴訟までになります。司法書士は、地方裁判所においての訴訟代理権が認められないことは把握しておきましょう。個人再生を考慮している方には、借金返済を継続しながら弁護士や司法書士に対しての報酬も払うのは手厳しいと感じ取る人や、一回で30万円以上のキャッシュを準備するのは困難と諦めてしまう方もいるでしょう。個人再生の手続きの報酬に関しては、無理なく払えるよう、弁護士並びに司法書士が返済計画を立てますのでさほど心配は要りません。