有効に活用するメリット

ジャッジガベル

財産を守り短期で返済可能

個人再生は、一般的に考えられている以上に債務者にとりましてメリットがたくさんある制度といえます。たしかに自己破産の様に借金の全額の免責については受けることができませんが、かなりの割合で圧縮することが実現可能です。それに加えて、ローンに関してはそのままの状態で残ってしまいますが持ち家などの資産を残すことができます。個人再生は、家屋を守ることが可能という側面を持っています。任意整理もしくは特定調停を活用すると、住宅のためのローン返済を除き手続きを行うことができますが、別の借金を返済することができないというのならば最終的に自己破産のみしか手法がありません。 個人再生は、手続している間に住宅ローン特則があり、住宅のためのローン以外のありとあらゆる借り入れ金が整理対象となります。ですので、持ち家を保持することができます。 しかしながら、住宅のためのローンは減額不可能なので、この部分だけは契約の取り交わし通りに払っていく必要があります。 それから、個人再生においては、債務の一部免除が施されます。自己破産に関しては債務を免責する手続きではありますが、個人再生に関しては債務の一部免除を要求する手続きと言えます。 一般的に考えて非常によく活用される小規模個人再生のケースでは、最大値で総債務の額の10分の1に至るまで債務自体が圧縮されることになります。そして、圧縮した後の債務を原則的には3年で返していくことになります。